食事面とトレーニング面の両方からアプローチ

食事面とトレーニング面の両方からアプローチ

健康的に筋肉をつけるには、食事面とトレーニング面の両方からしっかり考えましょう。

 

食事面では、まずバランスの良い食事をきちんととることです。

口から入る食べ物で体は作られるので、ここで手を抜いたら健康的な体はできません。

筋肉を増やすためには、食事の際に、一品多く準備する・ごはんのお代わりを少しだけ増やす・食間におにぎりやバナナなどを食べるなど…の意識を持ちましょう。

お菓子・おやつなどは少しは構いませんが、あくまでも食事で筋肉を増やすという考えを持つことが大切です。

 

トレーニング面では、有酸素運動と筋トレをバランスよく組み合わせることです。

有酸素運動では、ジョギングで基礎体力をつけ、代謝の良い体作りを行いましょう。スピードを上げる必要はありません。長い距離をしっかりと走りましょう。

筋トレでは、種類は少なくてもいいので、体幹・上半身・下半身の各部位をトレーニングします。

筋トレを行うことで、姿勢が良くなる・自分に自信がつくなど…より健康的に見せる効果もあります。

その際にプロティンを摂取するようにすると、筋肉をつけるのにより効果的です。

 

世の中には太りたい人と言うのも一定数いて、体重を増やしたいと考えています。体重アップを図るためには、暴飲暴食をすれば良いわけではありません。健康を意識しながら太ることで、筋肉がつきやすくなります。

体を不健康にしないためには、まず食事のことを考えるのがポイントです。タンパク質や脂質などは体重を増やすために必要になるため、減らしてはいけません。

ですが油っぽいものではなく赤身のステーキなど筋肉がつきやすい食材を多用することが大切です。

 

もちろん野菜なども積極的に取り入れましょう。炭水化物を食べても太ることはできますが、健康的に太りたいなら肉や野菜を積極的に摂取することが基本です。

 

また油も質の良い油を使うことが大切です。乳製品なども体質に合うのであれば、タンパク質を豊富に含んでいるので取り入れていきましょう。

もちろん食事だけでなく運動も行わなければなりません。筋トレでなくても、ウオーキングやジョギングなどでも問題ありません。

参考サプリ⇒太るサプリ プルエル

Category : 日記